電話占いとは占い師募集・電話占いリノア

電話占いとは

電話占いとは

電話占いとは、ご自宅のお電話機や携帯電話・スマートフォンを使い、占い師がお客様を対面鑑定のように、1対1で占い鑑定を行うサービスです。また、お客様よりご相談を受けた占い師は、ご相談内容に合った占術や得意の占術を駆使して、お悩み解決へのアドバイスをする占いサービスです。

電話占い・イメージ

電話占いのシステム

電話占いリノアでは、占い師の先生方の電話番号やメールアドレスなどの個人情報は完全非公開。独自の最新システムを通しての電話鑑定となり、個人情報保護対策を徹底しておりますので、先生方が安心・安全に、鑑定のみに専念できる環境をご提供させていただいております。

また、鑑定料金の回収はすべて弊社で行う他、鑑定専用にて使用可能な貸出携帯の準備も整えておりますので、先生方の個人携帯を使う必要は御座いません。リノアなら最高の環境で最高の鑑定をお客様へご提供する事ができます。

電話占いリノアについて

電話占いリノアは、業界大手CSEプロダクションが運営。2017年4月よりサービススタート。オープン以降、本当に良い鑑定をご利用者様に今までにない価格でご提供させていただいていた事により、お客様の信頼度・満足度を得て急成長しております。

多くのお客様よりご愛顧いただけている事が何よりの証明であり、日毎に新規登録者と共に鑑定件数も増加。現在も着実に信頼と実績を積み続けており、新たな展開、更なる躍進が見込める将来性豊かな電話占い会社です。

「新たなステージで新境地を開拓したい」「看板鑑定師になって名を残したい」など、電話占いリノアなら、間違いなく皆様の理想に近づけるはず。

成長率・イメージ

リノアの特徴・魅力等の詳細はコチラよりご確認下さい
リノアの魅力

CSEプロダクションとは

CSEプロダクションとは、電話占いリノアの運営元。CSEプロダクションは現在、約800名以上の在籍占い師を抱える占い師を専門に扱う大手占いプロダクションです。

業界一の占いプロダクションとして、数多くの占い師様のTV出演、雑誌などのメディア進出を手がけた確かな”実績”と”経験”から、占い師の皆様を全面バックアップし、安心して働ける万全なサポート体制でお迎え致します。

電話占いリノア

電話占いリノア

CSEプロダクション

CSEプロダクション

電話占いで求められる技術

リノアでは多種にわたるお悩みを抱えるお客様が多く登録されております。

既に電話占いをご利用されている方に加え、中には電話占いのご利用が初めてという方や、電話占いに限らず占い自体を受ける事が初めてという方もおり、お客様のご相談内容に添って使用占術を変え鑑定をされる占い師の先生が多く在籍中です。

人気占術はこちら
霊感・霊視 リノアでは、占い師が持つ特別な感覚能力を霊感、霊的要因から見えない世界を視る力を霊視として表現をさせていただいております。このような特別な能力を駆使した鑑定は、深層を読み取り鑑定力に鋭さが増す為、様々なお悩みや問題を抱えるお客様より求められます。
透視・未来視 リノアでは、過去・現在・未来を視る力を透視・未来視として表現させていただいております。特定のお相手や物事に対して、時間軸を超え、過去・現在を経由して、未来に起こりうることが瞬時に分かる能力。自分やお相手の過去・現在・未来を知りたいお客様に求められます。
霊感タロット リノアで人気のカード占術。占い師の霊感と組み合わせる事で、的中率が飛躍する占術です。カード占術の中でも最も人気を誇る霊感タロットは、展開法も多数あり、占い師の能力を倍増させる為、近未来を知りたいお客様に求められることが多いです。
スピリチュアル系 スピリチュアル系とは、霊的能力を駆使した鑑定方法。高次元へアクセスするチャネリング、全ての記憶へとアクセスするアカシックレコード、魂レベルの繋がりを視るソウルメイトやツインソウル等、霊的能力を必要とするリノアで人気の占術です。

リノアのオーディションでは、電話占いにおいてご使用される占術や技術、経験や実績などを見させていただき、実際に鑑定をして在籍の有無の判断をさせていただいております。

何より重要視させていただいているのは、「お客様のお悩みを解決したい」という思いです。そのような思いをお持ちの方からのご応募、心よりお待ちいたしております。

占い師募集/応募について

未経験でも使用可能な占術を1つ以上お持ちであれば、ご応募いただく事ができます。
今まで対面鑑定のみでご活動されており、電話占い未経験者の占い師様も多く在籍しております。
今なら掛け持ちOKでのご応募が可能となっておりますので、募集・応募要項をご確認の上、是非ご応募ください。

履歴書不要・採用祝い金有り

募集要項はコチラ
募集要項

投稿日:2019年2月8日
更新日: